痛風を未然に防ぐには適切な予防をすることが重要である

男性

体内に蓄積した尿酸

窓と植物

食べ過ぎに注意

健康のためには、体への栄養補給は欠かせません。しかし過剰に栄養分を摂取することで、かえって健康面でのトラブルが生じやすくなることもあります。そのトラブルのひとつが、痛風です。痛風とは、体内に蓄積した尿酸によって、体の末端や関節に痛みが生じるようになるという病気です。尿酸はプリン体から出てくる老廃物なので、プリン体を多く摂取すると痛風のリスクが高まることになります。そしてプリン体は、小麦やレバー肉や青魚などに多く含まれています。いずれも健康には良い食材とされていますが、食べ過ぎることはかえってマイナスとなるのです。逆に言えば、日々の食事において、栄養バランスを考えながら適量を食べていれば、痛風を予防できるということです。

尿酸を減らすために

また、体内で尿酸が蓄積しないように、しっかりと排出させることも、痛風の予防には有効とされています。尿酸は尿によって排出されるので、尿の量を増やせば、必然的に尿酸は減っていくことになります。尿の量は、利尿作用のあるカリウムやカフェインの摂取により増やすことができます。また、クエン酸を摂取することでも、痛風は予防できます。クエン酸を摂取すると、体内の尿酸が尿に溶け込みやすくなるのです。これらはいずれも、サプリメントなどの健康食品によって、効率良く摂取することができます。食生活に気をつけつつ、健康食品を利用していれば、痛風の予防は一層スムーズになります。また、既に発症した人でも、進行を抑えることが可能となります。