痛風を未然に防ぐには適切な予防をすることが重要である

男性

風が吹いただけで激痛

老夫婦

尿酸値が高い人は注意

足の親指が腫れ上がって、風が吹いただけでも激痛がはしるというのが痛風の大きな症状です。血中にある尿酸が足の親指、アキレス腱、足の甲などの毛細血管で結晶化してしまい、その結晶を白血球が攻撃している状態です。血液検査などで尿酸値が7mg/dlを超えると、いつこのような発作が起きてもおかしくない状態であり、注意が必要です。尿酸は水に溶けない物質で、血中で結晶化しやすいため、痛風だけでなく、同じように激しい痛みを伴う尿管結石や腎障害を発症させてしまうこともあります。発作が起きていないからといって安心はできません。尿酸値が高い人は、他の生活習慣病の予備軍であることも多く、自分の食生活や環境を見直して、尿酸値を低く保つよう工夫することが大切です。

プリン体は食べても大丈夫

以前の痛風の予防法として、最も特徴的な方法と言えば食事制限でした。牛肉や、レバー、白子、かになどの、おいしくて贅沢と言われている食品にはプリン体がたくさん含まれています。このプリン体が体内で代謝されると尿酸に変化します。そのため、痛風は贅沢病と言われていたほどです。ところが最近の研究で、食事から摂取するプリン体を制限しても尿酸値はそれほど変化しないことが分かってきました。もちろん上記のような食品を大量に摂取してしまうと問題ですが、通常のバランスの良い食生活であれば十分痛風を予防できることが分かっています。バランスの良い食生活に加えて、適度な運動や、規則正しい生活を送ることで、肥満を改善し痛風だけでなく他の生活習慣病なども予防できます。そして、水分をしっかりと摂って、乳製品を積極的に摂取することも痛風を予防する方法です。