痛風を未然に防ぐには適切な予防をすることが重要である

家族

尿酸値をあげないために

花

痛風とは、尿酸値が高くなると起こり、痛風発作は激痛を伴います。その原因は、遺伝的要因、食生活、ストレス、肥満などがあります。そのため、予防、治療には食生活の改善、水分をとる、ストレスとうまく向き合えるようにするなどがあります。規則正しい食生活を送り、痛風にならないようにしましょう。

Read More

風が吹いただけで激痛

老夫婦

足の指などに起きる腫れと激しい痛みが特徴の痛風。その予防と言えば、以前はおいしい物が全く食べられない食事制限が主でしたが、バランスのいい食事、適度な運動、規則正しい生活、肥満の改善などで十分に予防することができます。

Read More

体内に蓄積した尿酸

窓と植物

痛風は、プリン体の摂取により尿酸が体内に蓄積することが原因です。そのため食生活において、プリン体を摂取し過ぎないようにすることで、予防できます。また、カリウムやカフェイン、クエン酸などの摂取により、尿酸の排出を促すことも有効です。これらにより、予防だけでなく、発症後の進行を抑えることもできます。

Read More

原因と対処法

サプリメント

痛風とは何かと言うと、体内にある尿酸が増え過ぎてしまうことで起こる病気です。痛風になると足が痛くなり激痛で歩けない状態になります。痛風になる原因として1つめは、偏った食生活をすることで起こります。偏った食生活とは好きなものだけしか食べないことです。肉類などの油物ばかり食べて野菜などを全く食べないことが原因です。2つめは体内の水分が不足することです。水分を補給しないと体内の尿酸が排出されずそれが痛風の原因になります。また、原因の他にも合併症を引き起こす場合があります。その合併症としては主に腎障害です。腎障害とは痛風によって引き起こされる痛風腎といい、尿酸を処理する腎臓に負担がかかり、それによって機能が低下することです。

痛風の予防法や対処法として、1つめはプリン体を多く含む食事を摂ることです。プリン体とは肉類や魚類または野菜などに含まれる旨み成分にあたるものです。プリン体が含まれている食品としては煮干や鰹節や鶏レバーまた豚レバーなどです。これらにはプリン体が多く含まれています。また痛風の予防となる栄養素としてはクエン酸やビタミンCやカリウムまた葉酸です。これらは体内の尿酸の度数を減らしてくれます。これらの栄養素を含んだ食品はレモンやパセリまたバナナやもやしなどがあります。これらを料理の際に加えることで痛風の予防となり、合併症の予防にもなります。2つめは水分補給をこまめにすることです。水分補給をし、尿酸を外に排出することが大切です。